最適な素材を提案します

ホーム > エトワールの特徴 > 最適な素材を提案します

用途に応じた適正を考え、最適の提案をする。

 一口にアクリルと言っても、大別して二種類に分類できます。アクリル原液を型に流し込んで製造するキャスト材とローラーで延べ板のように押し出して製造する押し出し材です。この二つには、次のような特徴があります。

キャスト材 押し出し材
  • 堅いアクリルになる
  • 100mm程度の分厚い部材ができる
  • 均一性に劣る
  • やや柔らかい
  • 20mm程度の厚さしかできない
  • 均一性が高い

 また、アクリルそのものには一定の柔らかさがあり、熱や力に対しての伸びがありますが、キャスト材の方が伸びが少ないという特徴もあります。その一方、均一性が低い=精度が低いため、緻密なものには使いづらいというマイナス面もあります。最近では、キャスト材と押し出し材の中間的な特徴を持つ素材もあります。

 例えば、屋外で太陽光に晒される、照明で熱を持つ可能性がある場合は熱に強いキャスト材を提案します。それもただ単純にキャスト材を提案するのではなく、キャスト材の弱点である精度を保つための工夫も忘れません。特に熱に晒される部分だけをキャスト材で、残りの部分を押し出し材でというように、求められるデザイン、用途、予算に応じた提案を行っています。

 アクリルは基本的に無色透明ですが、色を表現したい場合には二つの方法があります。アクリルそのものに色を付ける方法とシルクスクリーンでアクリルに印刷する方法です。アクリルに色を付ける場合は、アクリルメーカーの既製品を使うことになるので、低コストの一方で使える色に限りがあります。

 その一方、シルクスクリーン印刷は色の調整ができ、細かなデザインも実現します。エトワールには、シルクスクリーン印刷のプロもいます。彼らは何度もインクを調合し、お客様の求めるブランドカラー、コンセプトカラーの再現はもとより、商品を際だたせる色遣いを追求します。

 加工する職人、印刷する職人、そしてデザイナー達のノウハウに基づいて、どのような素材を使うべきか、どんな色・デザインが的確かを、すべてエトワールはご提案します。
 40年間蓄積されたノウハウとアクリル専門の会社故の知識が、それを可能にしているのです。

エトワールの特徴
最適な素材を提案します
品質にこだわっています
スピーディーな対応が可能です
ページの上部へ