沿革

ホーム > 会社情報 > 沿革

お客様の満足を考え続けて、200%で頑張ってきました。

創業者 河本智朗

 エトワールの創業は1972年、翌1973年に法人化(株式会社エトワール設立)し、現在に至っております。以来、“社会貢献”“社員の幸福”を求めてまいりました。

 会社とは・・・「人は一生、企業は永永」というスローガンを掲げ、頑張っております。経済社会の変化に対応すべく、社員一丸となって目標に向かって邁進しております。

 創業から5年目くらいまでは、スーパー向けの販売什器として大量安価なアクリルBOXなどを中心に制作しておりました。第一次、第二次の石油ショック後の材料のコストアップなどに伴い、元請会社よりの図面等の支給にて制作のみのという運営では、会社の存続の危機を感じました。企業として存続していくためには、今後はアクリル樹脂の特徴を活かし、消費者(お客様)の目を潤し安らぎを得ていただくディスプレイ製品の制作へと舵を切り替えてまいりました。
第一段として、1977年にシルク印刷部門の設置、第二段として1990年に企画室(現デザイン室)の設置を行い、制作だけではなく、デザイン等を含めた提案を行ってまいりました。
 また、世の中のスピード化、短納期化への要望に対応すべく、2005年に、それまで三カ所に分散していた事業所を現在の社屋に統合し、皆様のご要望に応える体制を整えました。

今後とも、機械設置、人材への投資を行い時代のニーズを先取し、社会に貢献するとともに社員の幸福を求めてまいりたいと考えております。

沿革

昭和47年 07月31日 東京都中野区にてエトワール工芸として創業
昭和48年 10月24日 株式会社エトワール設立(資本金200万円)
昭和50年 11月30日 資本金を300万円に増資
昭和55年 11月30日 資本金を500万円に増資
昭和58年 07月27日 東京都豊島区要町に社屋を購入、移転(現本社屋)
昭和59年 03月31日 資本金を800万円に増資
昭和60年 11月29日 資本金を1,200万円に増資
昭和63年 11月20日 資本金を1,800万円に増資
昭和63年 12月20日 資本金を2,160万円に増資(株式配当20%による)
平成02年 03月29日 東京都豊島区要町に土地及び社屋取得。
シルクスクリーン印刷部門を移設
平成04年 02月06日 資本金を3,000万円に増資
平成09年 04月01日 デザイン企画部門を設立
平成09年 12月16日 現工房の隣接地を取得
本社ビル竣工にともない、全製作部門を統合
平成09年 12月16日 資本金を5,000万円に増資
平成22年 2月28日 プラスチック加工3次元NCルーター設置
平成24年 7月31日 創業40周年を迎える
会社情報
会社概要
事業内容
経営理念
社長メッセージ
沿革
アクセス
ページの上部へ