提案力・デザイン力・技術力

ホーム > エトワールのクリエイティビティ > 提案力・デザイン力・技術力

どうすればその作品が映えるのか。企画からデザイン、加工がすべて一つの流れになる。

お客様の期待に応える企画提案

 エトワールが制作する商品ディスプレイの役割は、商品の特徴を引き出し、的確に表現すること。お客様からの要望は「こんな商品を」「この場所に飾りたい」といった「用途」の説明です。そこから、企画提案が始まります。その商品は、どんな特徴があるのか、なにがセールスポイントか、どんな風に展示されるのか。“アクリルのプロ”として、最適のデザインを提案することが重要になります。いくつかのデザイン提案と同時にモックアップの作成を行うこともあります。お客様の要望を踏まえつつ、商品の魅力をより一層明確に伝えるために、要望を超えた提案を心がけています。

アクリルを知り尽くしているからこそ、可能なデザイン

 アクリルは、塩ビやPET、ガラスなどとは全く異なる素材です。基本的に無色透明のアクリルを加工するには特殊な知識が求められます。どんな加工ができて、何が難しいのか、仮にその加工でコスト的な折り合いが付くかどうか、あらゆることを知り尽くしていないと、アクリルでのデザインは困難です。また、アクリル以外の素材、アクリルと異素材の組み合わせによる提案を行うことがありますが、それもアクリルのプロだからこそできる特徴ある提案を行っています。


 ディレクターがヒアリングしてきた要望をカタチにするのがデザイナーの仕事です。まず、お客様の商品を知ること、そしてアクリルの特性を活かすことが重要です。例えば、無色透明なので接着面に気を遣ったデザイン、加工は不可欠です。また、その透過性を活用して光の反射を活かしたデザインも可能になります。実際にどう仕上がるのかを確認するためにも、時には自分で実際に試作してみる、工房の職人に相談することもあります。

お客様の要望を実現する熟練の技術

 エトワールの職人は、お客様も気付かないかもしれないわずかな点も妥協せず、作品のクオリティにこだわります。
 アクリルの特徴の一つとして、加工のしやすさが挙げられます。しかし、それだけにその技術が問われやすい素材だともいえます。例えば、接着面がわかりにくいように接着する技術やなめらかに美しく曲げる技術など、職人の経験と技術があるからこそ、適切な加工を施すことが可能なのです。


 また、エトワールの工房の特徴に、シルクスクリーン印刷の設備があることが挙げられます。アクリルそのものに色を付けている素材もありますが、既製の色アクリルではお客様の要望を満たすことができないことが多いのです。シルクスクリーン印刷では、お客様の要望に応じて納得できるまで色を調合し、細かなデザインと加工を実現しています。例えば化粧品メーカーでは、まさに色がテーマとなることがほとんどです。ブランドカラーやコンセプトカラーを忠実に再現することも、シルクスクリーン印刷の設備を持っているからこそ、できることなのです。

エトワールのクリエイティビティ
制作事例紹介
デザインと技術の高度な融合
提案力・デザイン力・技術力
30年のモノつくりで培ってきたもの
匠の肖像
ページの上部へ