社員が語るエトワール

ホーム > エトワールの社員力 > 社員が語るエトワール > デザイナーバイスリーダー:平田一晋

デザイナーバイスリーダー:平田一晋

デザインを起こす際は、「つくり」を考えながら形にしていきます。

「やりたいこと」と「できること」を組み合わせて調整する

 ショッピングを楽しんでいる途中、買う予定のない商品なのに、どうしても手に取って眺めてみたくなってしまうことはないだろうか。それはエトワールのアクリルディスプレイの作用かもしれない。

 デザイン室の平田は、そのように商品の魅力を輝かせ、消費者の心をつかむディスプレイのデザインを次々と生み出している。

 「アイデアを考えているとき、それを提案するときがいちばん楽しいです。自分の世界に入り込んで遊べるというか。ただ、自分のやりたいことと、実際にできることは必ずしも同じではありません。技術的だったり、コスト的だったり、理由はさまざまですが、ほぼ必ず制限の枠がある。その範囲を守りながら最大限に自分らしさを活かす。やりたいこととできることを組み合わせて調整した結果が、私のデザインということになります」

 平田の仕事は、営業とともにお客様へ足を運ぶところからスタートする。

「たとえばプロモーション用の什器を製作してほしいので、いくつか提案してほしいといったご依頼もありますし、新商品発表に伴うディスプレイ作成の競合コンペに参加してくださいというお話もあります。その各ブランド固有のデザインのトーンや統一コンセプトのようなものがあれば具体的にヒアリングして、聞き出したことを持ち帰って発想を起こしていく、という流れになります」

答えに迷ったら、工房へ行って相談・実験してみる

 デザイン案を模索している間はできるだけ時間をかけたいと平田は言うが、なかなかそうはいかないのが実情だ。多くの場合、時間との戦いになってしまう。なかでも平田はいまのエトワール・デザイン室の中で最多の案件を抱えている。「理にかなったデザインができ、案を固めてからの手順に滞りがない」という社内の評価通りに、平田は頼られる存在なのだ。

 もっとも、「それは違う。私のほうが、みんなに助けられている立場です」と平田は真顔で否定するのだが。

「デザインを起こす際、ある程度『つくり』を考えながら形にしていきます。その過程で、気になる部分があれば、迷わず工房へ行ってチェックしたり、職人の意見を聞いたり、確認や修正を重ねる。そういった要素をフィードバックしながらデザインができるので、最終的な形が導き出せるんです」

デザイナーと職人が協調しながら製作を進めていく、それが「エトワールらしさ」の一つだ。
「もう一つ気をつけているのはコストですね。今の時代、お客様もこの点は重要視していますので、これは営業と相談します。たとえば量産時は構造をシンプルにしてコストを抑えよう、といったことはいつも考えています。『デザイン』と『つくり』と『予算』という3つのファクターをどううまくまとめていくかが重要。若いうちは自分のやりたいことを詰め込んでしまいがちですが、お客様の期待に応えることを1番に考えて欲しい」

アクリル以外の素材にもチャレンジしてみたい

 平田はエトワールへ入社する以前、イタリアでデザインを学んでいた。フォルムの出し方や色の使い方など、日本とはまったく異なる感覚を全身で呼吸してきたのだ。
「でも、その経験を前面に押し出してデザインすることはほとんどありません。日本では日本人の感覚を大事にしてデザインしたい。どこかにエッセンスとして、海外で受けた刺激の記憶が匂っていればいい・・・くらいの意識でいます」

 化粧品メーカー、オーディオメーカー向けのディスプレイから、セレモニーホールの空間デザインまで、幅広い業務で成果を出してきた平田の「引き出し」は多彩だ。
「今後やりたいこととしては、アクリル以外の素材、たとえば特殊な金属や天然木などと組み合わせたデザインを試してみたいですね」

エトワールの社員力
社員が語るエトワール
SoZoディビジョン デザイン担当:平田一晋
SoZoディビジョン デザイン担当:成澤朱理
SoZoディビジョン デザイン担当:加茂春花
SoZoディビジョン デザイン担当:林沙有理
工房:柏崎圭哉
SoZoディビジョン 営業担当:村上浩平
エトワールの組織力
ページの上部へ